離職票と離職証明書

離職票

離職票とは雇用保険の失業手当をもらうために必要な書類です。

退職日から10日前後で受け取れます。退職日に受け取ることはできません。

離職票の発行の流れ

  1. 職場によっては用紙を持っていない場合はハローワークから用紙をもらう
  2. 元の職場に渡す
  3. 郵送或いは直接退職者に戻る

受け取り方は退職前に職場と話し合って取り決めておきましょう。

会社都合での退職の場合、記載されている退職理由が自己都合か職場都合かで失業手当をもらえる時期がまったく違ってきますので署名する前に必ず確認しておきましょう。

ノイローゼや鬱などになって退職せざるを得ない状況でも会社都合とすることができる場合がありますのでハローワークや転職エージェントと相談しておきましょう。

離職証明書

離職証明書でチェックする内容

  • 離職理由
  • 退職日
  • 賃金(休業補償や賞与退職金などは除外)

離職票と離職証明書のまとめ

離職票は離職者がハローワークから失業手当をもらうために必要な事項が書いてあり、離職証明書の退職理由によって失業手当を受け取れる時期が変わってきます。

項目内容 離職票 離職証明書
流れ 会社が発行して退職者へ、退職者から退職者の住所管轄のハローワーク 会社が発行して退職者へ、退職者からハローワークまたは新しい勤務先
受け取る期間 退職日から10日前後 離職翌日から10日以内
その他 失業手当が不要(次の転職先が決まっている)の場合不要 離職者が要求した場合、元の職場は遅滞なく発行する義務あり
記載内容 退職理由
過去1年間の月額報酬
退職日など
在職期間、職務内容、地位、賃金、退職理由など
必要な理由または目的 失業手当を受ける場合 退職者が新しい職場に転職したとき
書式 定形雛形あり 書式自由
関連法令 雇用保険法第7条、第15条 労働基準法第22条
タイトルとURLをコピーしました