退職届けについて

無期労働契約者の退職届け

期間の定めのない労働契約(無期労働契約)を労働者側から解除するには2週間前に予告すればよく口頭でもOKです。(民法第627条)

つまり大抵の正社員は無期労働契約をしているのではないでしょうか。契約社員という雇用形態も多い昨今ではありますが、期間の契約をしていない場合は無期労働契約をしているといえるでしょう。一度さりげなく総務の人に確かめてみるとよいかもしれません。

どうしてもいますぐ辞めたい!って思っても2週間後に辞めるつもりで上司または会社の代表者などに申し伝えるようにしましょう。それ以内だとトラブルになりかねません。

ただし辞めるにしてもなるべくなら次の仕事を見つけてからのほうがいいですね。

有期労働契約者の退職届け

期間に定めのある労働契約(有期労働契約)の場合、途中ではやむを得ない事由(健康)がないと解約できません。労働者の不注意によるものは賠償問題になることもあります。例えばA社に1月から正式に採用されるのに忘れていて、B社と2月までの有期雇用契約を結んでしまったとか。

期間での契約を解約する申し入れをする場合、次期以後についてできるのと、当期の前半に申し入れをしなければ法的効力は弱いです。それ以外は話し合いです。

6ヶ月以上の期間のある契約の解約を申し入れる場合には3ヶ月前にしなければなりません。(民法第627条)

契約満了に伴う退社のとき

退職届を提出する場合の退職理由は「貴社の退職勧奨に応じ・・・」とすることにより会社都合であることを強調できる