人事異動

異動

配置転換

人事異動の種類の一つに配置転換があります。会社(使用者)は労働者の職場や職種の異動を決定できます。しかし採用時になんらかの取り決めをしていた場合には、異動をさせるのに労働者本人の同意が必要となります。

一般的には会社は自らにとってがんじがらめになるような取り決めを労働者としないでしょう。

配置転換は合理的な理由がない限り従業員は拒否できないことになっています。

出向や転籍

出向や転籍は会社内の配置異動と違い、指揮命令権が出向先や転籍先に属するものに変わるものです。

配置転換に対し、出向や転籍などは労働者の同意が必要です。これは民法625条の1項に規定があり、「使用者は、労働者の承諾を得なければ、その権利を第三者に譲り渡すことができない」とあります。

A社の社員だった人がある日、承諾なくB社の社員にされるということはあってはいけないことです。

ブラックから身を守るためのチェックポイント

  • いつのまにか関連会社に転籍されているということはありませんか。
  • 出向や転籍をさせられそうになったら本人の言い分を裏付ける証拠を集めておきましょう。
タイトルとURLをコピーしました