コラム

スポンサーリンク
コラム

情弱の情弱による情弱のための説明会がへそで茶を沸かしすぎる件

とある大手メーカー様が定期的に生産動向説明会とやらを開きます。その名も「定例会」。定例化しているというのはいかにも形式化し形骸化していることを表す良いタイトルだと思いませんか。 その定例会にだいたい下請け会社はほぼ強制的に参加です。 ...
コラム

大手さんは何につけても抜かりないし下請けさんに負荷をかけるのだろうか

大手の企業と中小の企業ではなにかにつけやることが違います。 なにを持って大手企業は大手たりうるのか、それを垣間見た出来事を2件紹介します。
コラム

電話に出るのは女性ばかりなのは地方中小製造業に限るか?そしてなんと出るか?お茶汲みは?

電話が鳴るとヒヤッとするのはクレーム対応の部署でしょう。 しかし最初に電話に出るのはもっぱら女性社員です。女性社員は「はい○○です」と電話にでます。(筆者の会社) 仮に男性社員が電話に出るときも100%「はい○○です」と出ます。...
コラム

2016年9月三六協定見直しの動き始動

事実上、無制限の時間外労働を認めている三六協定を見直す動きが2016年9月に始まりました。過労死リスクの限度である月80時間の時間外労働をどこまで下げられるかが焦点になっています。 時間外労働が減らせれば労働者は単純に楽になると考えら...
コラム

肉体労働でしか自分を表現出来ない人は頭脳労働を理解できない

あなたは頭脳を使って働いていますか。それとも肉体のみで働いていますか。 よく肉体労働だの頭脳労働だのという括りで分けたりしますが、どちらも労働としては尊いもので尊卑の違いはありません。 しかし、肉体でのみの労働は比較的容易にロボットに置...
コラム

気力を振り絞るより体力を維持あるいは高めるほうが簡単で効率的であるという話

こんなコラムがありました。 気力を高めたければ、体力をつける必要があります。繰り返しますが、体力があれば気力が、気力があれば能力が発揮できます。これが真実です。引用:気力がない人は例外なく「体力」が足りない | リーダーシップ・教養・資格・...
コラム

いじめは学校だけじゃない、職場でいじめ嫌がらせにあったらどうする

いじめを苦にして学生が自殺することがあります。おおっぴらにいじめられることもあれば、相手は誰かわからず陰湿にいじめられるということもあるでしょう。 しかしいじめは学校だけで起こることではありません。 社会人になっても存在します。
コラム

会社を辞めるつもりのときのタイミングで「やめちまえ」と言われたら上手く活用しよう

やめちまえと言われたことはありませんか。これはパワハラの一種とも捉えられます。言い方やシチュエーションに違いがあれど「(おまえのようなやつは会社を)やめてしまえ」と言われると凹むものです。 結論からいえばやめちまえと言われて「はいわかりま...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました