ハローワークのメリットとデメリットについて

ハローワークのメリット

求人の条件が複数企業でも同じ書式で書かれているため比較がしやすい。
相談窓口の担当者にもよりますが書類の書き方を親切丁寧に教えてくれることはあります。役所だからといって横柄な態度の人はほとんどいないといっても良いでしょう。

定期的にハローワークの求人を閲覧していると常に求人を出している企業名がだんだんわかってくるでしょう。そういう企業は離職率が高くいわゆるブラックである確率が高いといえます。長く見ていてブラックっぽい企業を見極めるという定点観測がしやすいのはハローワークのメリットといえます。

ハローワークのデメリット

ハローワークで求人する企業は基本的に雇用保険や厚生年金など加入義務のあるものについては加入しているものと期待しがちですが、ハローワークではそういった内容のチェックはしません。求人募集する企業の申告した内容をただ載せるだけのことしかやっていません。
公共の求人斡旋施設であるため当然企業の求人を受け付けたたときコンプライアンスもチェックしてくれると期待してしまいますがそれは期待できませんし、ハローワークで紹介してもらった企業が残業代をきちんと払わないなどのブラックでもハローワークを責めることはできません。

ハローワークでは求人募集の費用がかからないのでお金のない(求人のために予算を割きたくない)企業が多いといえます。つまり絶対ではありませんが、給料の良い会社は見つけにくいともいえるでしょう。したがってすごく良い会社に就職転職できるという人はよほど運が良いといえます。

ハローワークは全国ネットですから全国の求人を探すことができます。これから夫(または妻)が転勤になるから一緒に引っ越しするにあたり引越し先での職を探すということが現在住んでいる場所でできます。ただし当然ながら面接は現地に行く必要があります。

大企業はハローワークに求人を出すことは少ないと考えられます。大企業は1人採用したら長期的に戦力として働いて欲しいと考えています。中小企業も同じように考えていますが、結局一人雇うまでに使えるコストが違うということです。中小企業は少しでも求人から採用までのコストを減らしたい、減らさなければ経営に差し支えます。一方大企業は一人雇用するまでに使える予算にも余裕があるし少しでも良い人を雇いたいと考えれば有料の求人サービスにも広告を出す傾向が強いです。

まとめ

こうしてみるとデメリットのほうが多いように見えますが、主要な市区町村にはありますので利用してみても良いのではないでしょうか。